本文へスキップ

English | Access | Sitemap

TEL 022-366-1225

〒985-0831 宮城県多賀城市笠神二丁目17番1号

ボランティア活動

 トップ > 特徴ある教育活動 > ボランティア活動

復興住宅の高齢者宅でお掃除ボランティアをしました

(2017年12月11日 更新)

 12月2日(土)と3日(日)、ボランティアの課題研究チームが多賀城市の鶴ヶ谷復興住宅(多賀城市鶴ヶ谷公営住宅)で一人暮らしの高齢者宅に伺いお掃除ボランティアを行いました。
 清掃活動を行ったのは、1年の赤間さくらさん、梅津千聖さん、菅野綾香さん、櫻井陽菜さん、石川彩乃さん、佐藤鈴さんの6名ので、主に窓拭きなどを行いました。約1ヶ月前から「お掃除お手伝いします」といったチラシを配布し、準備を進め、10軒のお宅から希望があり、12月9日(土)と10日(日)も合わせ計4日間活動しました。
 窓拭きをしてもらった住民の方からは「明日お客さんが来るので助かりました」「大きな窓は手が届かないから助かりました」「また来年もお願いしたいです」などといった言葉をかけていただきました。
 参加した生徒達は、高齢者の方々にとっては、仮設住宅から復興住宅に移ったこれからが、最も支援が必要になるということを、身にしみて感じていました。
写真写真

復興住宅でこども交流ボランティアをしました

(2017年12月11日 更新)

 12月2日(土)、1年生のボランティア課題研究チームの6名が、多賀城市鶴ヶ谷復興住宅の集会所をお借りして、「みんなで 食べよう遊ぼうおしゃべりしよう!」と銘打ったこども交流会を開催しました。企画したのは、菊地海凪さん、前田詩衣さん、昆野小春さん、及川恵依さん、尾形菜々美さん、小野寺さくらさんの6名で、復興住宅のこども達とその近隣の鶴ヶ谷地区のこども達との交流を深めたいという考えで、チラシや回覧板で周知をしました。当日は小学生を中心に14名のこども達が集まりドッチボールや鬼ごっこなどをしたあと、みんなでホットケーキを作りました。初めて会う友達とも、すぐ仲良くなり交流会は大成功でした。
 復興住宅のこども達に自分たちは何ができるか?という課題を設定し、数ヶ月前から準備を進めました。「参加者が誰も来なかったらどうしよう」などの不安があった中、交流会に参加したこども達から「ありがとう!」と声をかけられ、企画した生徒達にとって、とても充実感のある交流会になりました。
写真写真
写真

福岡豪雨の災害ボランティアと募金を届けに行きました

(2017年9月12日 更新)

 9月3日(日)と4日(月) ,多高祭の代休を利用し,福岡豪雨土砂災害で大きな被害を受けた福岡県朝倉市に行ってきました。参加したのは,生徒会に所属する災害科学科2年の大場有紗さんと普通科2年の橋本朔良さんで,多賀城ロータリクラブ様のご支援で現地に向かいました。3日(日)は同市杷木(はき)地区の災害ボランティアを行い,家屋内に入った土砂を屋外に出す作業をしました。気温は30度を超え蒸し暑い中での作業となりましたが,少しでも早い復旧,復興を願いながらスコップで土を掻き出しました。
 翌日の4日(月)午前は,特に被害が大きく仮設校舎で授業を行っている松末小学校と志波小学校,その2校に校庭を仮設校舎用地として貸している久喜宮(くぐみや)小学校を訪問しました。3校には,下馬駅前と多賀城駅前での募金活動と全校生徒と職員から集めた募金と生徒会役員が書いた激励の旗を手渡しました。松末小学校では,被災した代表の児童が泣きながらお礼を述べる姿に胸が熱くなりました。
 午後からは,校地に土砂が流入しながらも,地区住民の避難所となった朝倉光陽高校を訪ね,義援金と激励旗を送りました。出迎えてくれた朝倉光陽高校の生徒会の皆さんからは,「まさか自分たちの地域が災害に遭うとは思っていなかった。日頃の備えや,人々が助け合うことの大切さがわかった。多賀城高校から頂いた義援金は大切に使いたい」とお礼の言葉をいただきました。また,本校の大場有紗さんからは,「東日本大震災で皆さんから応援いただいたので,少しでも恩返しできればと思っています。」と述べました。
 現地は,まだ手つかずの地域もあり,まだまだボランティアが必要だと感じました。1日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。
写真写真
朝倉光陽高校さんへ激励旗と義援金の贈呈

写真
朝倉光陽高校のみなさんと

写真
松末小学校のみなさんと

写真
久喜宮小学校の校長先生と

写真
志波小学校の校長先生と

写真
災害ボランティア活動を終えて

第2回海洋教育こどもサミットinひろの に参加しました

(2017年8月23日 更新)

 東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター等が主催する「第2回海洋教育こどもサミットinひろの」に8月9日,災害科学科2年の石川智也君・松嶋佑典君・普通科2年の柴田秀人君の3名が招待され参加しました。
 「海に学び 海と生きる」をテーマに開催されたこの催しは,岩手県洋野町の小中高校生と気仙沼市の小中高校生,山形県の加茂水産高校の生徒ら約200名が参加し,それぞれの学校で取り組む「海との関わり」の研究をポスターセッション形式で発表しました。
 本校の石川君と松嶋君は「松嶋湾浦戸野々島における地質構造」について,柴田君は「多賀城の3.11を伝えるために」というテーマの研究を発表しました。
 後半のワークショップは,彼ら高校生がファシリテーターとなり,小中学生に対して,今日の学びを通しての感想や海についての想いをテーマに対話し,グループをリードしていました。
写真写真
柴田君のポスター発表
(この発表には小中学生がたくさんのコメントを付せん紙に寄せてくれました)
写真
石川君・松嶋君のポスター発表 
写真
後半のワークショップ
写真
参加者全員で記念撮影

九州北部豪雨募金について

(2017年8月18日 更新)

 7月14日・18日下馬駅,7月19日・20日多賀城駅で御協力いただきました募金額は合計で
  133,066円でした。
 御協力ありがとうございました。
写真 写真
写真 写真
写真 写真
 皆様方からのご厚意は福岡県朝倉市内の被害が大きかった学校にお届けます。

東日本大震災追悼 第6回多賀城・万灯会(まんどうえ) にボランティア参加しました

(2017年3月15日 更新)

 東日本大震災から6年目を迎えた3月11日,NPOゲートシティ多賀城が企画する多賀城・万灯会に本校から運営ボランティアとして33名の生徒が参加しました。
 当日は15:00から,震災時に多賀城市内で犠牲になられた188名の方々の慰霊を込め,多賀城駅前広場の震災モニュメント前において,約300人が集まり行われました。
貞観津波の際も犠牲者慰霊のために灯されたという万灯皿188枚に火を灯し,さらにそれぞれのメッセージが書かれた紙コップにも順に明かりが灯されて行きました。紙コップの灯火は「3.11」と形取られ,日が暮れた駅前広場に浮かび上がりました。
 生徒は,受付やおしるこの配布,万灯皿や紙コップへの点灯など様々な仕事に取り組んでいました。

写真 写真
 写真  写真

平成28年度 第2学年 清掃奉仕活動

(2017年3月10日 更新)

 3月2日(木)7校時の総合的学習の時間に、2学年全員で校舎内の清掃奉仕活動を行いました。高校入試(後期)および、今年度の終了が間近であるということで、自分の手で校舎を清掃し、公共心・協調性を養うという目的に実施しました。また、今回の清掃では特に「自ら考え効率的かつ科学的・衛生的に清掃を行う」ことを心がけ奉仕活動に取りかかりました。
写真
 2学年の各クラス、図書館などの教室、A~C棟各階廊下に分かれ、平常の清掃では清掃できないようなところまで丁寧に磨き上げました!
 ジャージに着替えて、協力し合って元気いっぱい奉仕活動に励む姿は、ほほえましくも頼もしいものでした。

みやぎ総文2017 ボランティア部門プレ大会「ボランティアの種で笑顔の花を」に参加しました!

(2016年10月18日 更新)

 平成28年10月15日(土)に,東北歴史博物館で開かれた大会に参加してきました,この大会は来年8月に開かれる第41回全国高等学校総合文化祭に向けての準備行事です。ボランティアに取り組む県内の高校から,多くの生徒が参加しました。各学校でどのようなボランティア活動を行っているのかを理解することができ,今後の活動の参考になりました。
 本校からは,これまで取り組んできたボランティア活動をポスター発表しました。多くの生徒が自主的に,あるいは部活動単位でボランティア活動に幅広く参加している仕組みについての質問などを受けました。
 また,口頭発表では来年度本校が主体となって実施する「フィールドワーク」についての報告を行いました。これまで行ってきた「まちあるき」と「ワークショップ」を組み合わせた内容を全国からの参加者に提供する予定となっています。
 来年度の大会では,「フィールドワーク」を中心に,全国の高校生へ私たちの活動を伝え,一緒に防災・減災や復興を考え,みやぎの魅力を伝えていけるように準備をしていきたいと思います。

写真 写真

「塩釜魚市場どっと祭り」のボランティアに参加してきました!
(update 2016/10/04)

 10月2日(日)秋晴れの下,「塩釜魚市場どっと祭り」に生徒10名がボランティアとして参加してきました。この時期は「三陸塩竃ひがしもの」と言われるブランドメバチマグロが水揚げされます。このマグロ解体ショーなどを含めた様々な催しが魚市場と仲卸市場で行われました。
 参加生徒は「サンタラ汁」,「仲卸カニ汁」の販売,スタンプラリーの景品引換所の運営,そしてマグロ解体ショーの参加受付などのお手伝いをしました。この催しは震災以降,地域復興のために年々大きくなってきており,人の波が途絶えることはありませんでした。来年度には現在の市場が新魚市場に立替られるそうですが,引き続いて私たちができる地域貢献をこれからも行っていきたいと思っています。

写真 写真
写真 写真

平成28年度 第1学年 清掃奉仕活動
(update 2016/09/20)

 9月15日(木)、まもなく前期を終了するにあたり、一年生皆で校舎内外の清掃奉仕活動を行いました。生徒自らが,校舎内,校舎周辺および通学路の清掃をすることで環境美化意識を高めさせるのを目的に、平常清掃では行き届かないところの清掃を実施し,校舎の美化に努める活動として取り組みました。

写真 写真
写真 写真

 校舎のいたるところに分かれ、念入りに清掃しました。また、クラスによっては通学路や近隣の貞山公園まで行って、ゴミ拾いなどをしました。

ボランティア活動

本校では体験的・実践的な活動の中で、社会の一員であることを自覚し、互いが支え合う社会の仕組みを理解するとともに、地域貢献等を通し社会奉仕の精神を涵養し、自らのあり方、生き方を求め自己実現をはかる目的で、平成27年度からボランティア活動を単位化しました。具体的には、学修活動で1単位に相当する35単位時間(1750分)のボランティア活動をした生徒に対し、卒業時に1単位付与します。
 今年度は、約100名の生徒が部活動のオフの日などを利用し、さまざまなボランティア活動に参加しました。

今年度の主なボランティア活動は

多賀城市貞山公園・通学路清掃(毎月2回)
しおがま市民祭り(平成27年4月)
震災復興千年の森(平成27年5月)
石巻パークロックフェスティバル(平成27年5月)
多賀城市鶴谷児童館こどもまつり(平成27年5月)
盲導犬ふれあい募金(平成27年5月・7月・8月・10月・12月)
ネパール大震災街頭募金(平成27年5月)
塩釜ふるさと創成プロジェクト(平成27年6月~8月)
多賀城あやめまつり(平成27年7月)
塩釜みなとまつり(平成27年7月)
多賀城市コンサートでひなんくんれん運営補助(平成27年8月)
七ヶ浜セブンビーチフェスティバル(平成27年8月)
多賀城市鶴谷児童館 こどものまちin多賀城(平成27年8月)
小学生防災ふれあいボランティア(平成27年8月)
災復興チャリティーマラソン(平成27年9月)
多賀城市スポーツフェスティバル(平成27年10月)
宮城・茨城水害街頭募金(平成27年10月)

 
   多賀城市鶴ヶ谷児童館こどもまつり      ネパール大地震募金(JR下馬駅前)

9.11水害募金活動を行いました。
(update 2015/11/11)

10月16,17日の2日間、多賀城高校のボランティアサークル「コージネス」を中心に準備等を行い、 希望者を募って水害募金活動を行いました。

「9月11日の大雨により、茨城や宮城で川が氾濫し、家が流されるなどの甚大な被害がありました。 そこで私たちは被害にあった方々のために下馬駅と多賀城駅で募金活動を行いました。 その際、多くの人のご協力をいただき、また、自分たちと歳の近そうな若い人たちも募金をしてくれたので、災害に対する関心の高まりを感じることができ、嬉しかったです。 来年多賀城高校には災害科学科ができるので、高校生の災害に関する意識も高まっていって欲しいと思います。(2年 鈴木 菜々子)」

皆様のご協力のおかげで募金額は22,500円となり、7,500円ずつ宮城県の大和町、大崎市、茨城県に寄付させて頂きました。 ありがとうございました。 今後もコージネスを始め、多賀城高校のボランティア活動をどうぞよろしくお願いいたします。

9.11水害募金活動

「震災の体験を語り継ぐ詩の朗読会」におけるボランティア活動
(update 2015/03/10)

東日本大震災の発生から4年になるのを前に,被災者の経験を基にした詩の朗読会が平成27年3月5日18:00から多賀城市民文化センターで開かれました。

朗読会は東北大学の災害科学国際研究所などが震災を風化させず語り継いでいこうと,毎年,開かれています。今年は,宮城県や福島県の被災者7人の経験を基に作られた詩を,女優の竹下景子さんがバイオリンとピアノの演奏をバックに朗読しました。

本校の合唱部はこの催しの中でオープニングセレモニーを担当し,来場した人々の心を打つ3曲の歌声が披露されました。

また女子バレーボール部の生徒は受付と誘導のボランティアとして活躍。

約1,000人の来場者を笑顔で迎え入れていました。このような形でのボランティアでも,いろいろと貢献している生徒が増えています。

今後もいろいろなボランティア活動に参加していきたいと考えています。

貞山公園清掃ボランティア活動を行いました。
(update 2015/07/01)

6月29日(月)に貞山公園の清掃を行いました。 多賀城高校では毎月2回、各部活ごとにゴミ拾いや雑草取りなど貞山公園の清掃を行っています。 このような部単位,個人毎のボランティア活動について単位認定を行っています。 この日は,お弁当のパックやタバコの吸い殻などがたくさん落ちており,合唱部の生徒たちが一生懸命拾いました。

貞山公園清掃ボランティア 貞山公園清掃ボランティア 貞山公園清掃ボランティア

今年も千年希望の丘植樹祭 2015 に参加しました!(update 2015/06/03)

平成27年5月30日(土),今年も岩沼市二野倉地区で行われた,千年希望の丘植樹祭に4名の生徒が参加しました。 岩沼市では沿岸部に多重防御の新しい社会共通基盤として,津波の力を減衰させる津波除け「千年希望の丘」を整備し, 減災に取り組むとともに,後世の人々へ今回の津波被害の大きさや私たちの想いをつなぐために, 「千年希望の丘」を含めたエリアをメモリアルパークとして整備する計画を進めています。 今年はその3回目となりました。当日はボランティア約5,000名により二野倉地区の園路約700mに広葉樹18種類,約5万本の植樹が行われました。
 開会式で,植樹の意義や方法を聞いた後,自分たちが割り当てられた区域での植樹です。 高木と低木を混ぜながらの植樹,苗を守り養分とするための藁敷,藁が飛ばないための綱張り3つの作業を行いました。
 おそらく,私たちが植樹した区域で大木まで育つのは数本かもしれません。しかし,その大木が津波だけでなく, 生態系の保全の役割を担ってくれるものと信じています。

5月21(木)・22(金)・26日(火)の3日間ネパール大地震募金活動を行いました。
(update 2015/06/17)

多賀城高校では今年度からボランティア活動を単位として認めます!
(update 2015/05/11)

多賀城高校ではこれまでも,ボランティア同好会の活動をはじめとしたボランティアを行ってきました。 今年度からは次の目的に従った学校の認めた活動については, 活動時間数の累計時間数が35単位時間を超えた場合に単位として認めることとしました。


目 的
  1. 体験的・実践的な活動の中で,社会の一員であることを自覚し,互いが支え合う社会の仕組みを理解する。
  2. 地域貢献等を通し社会奉仕の精神を涵養し,自らのあり方,生き方を求め自己実現をはかる一助とする。

4月21日は,NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター 桃生 和成 氏とNPO法人ボランティアインフォ 我妻 卓 氏を講師にお招きし, ボランティアについての心構えや注意点などについてクイズをまじえながら説明をいただきました。

説明会後には,さっそく多くの生徒が学校に募集が来ているボランティア活動についての質問や参加申込の生徒が担当者を訪れてきました。

ナビゲーション

バナースペース

宮城県多賀城高等学校

〒985-0831
宮城県多賀城市笠神二丁目17番1号

TEL 022-366-1225
FAX 022-366-1226

E-mail: chief@tagajo-hs.myswan.ne.jp